普段通りの輝く笑顔|裏側矯正には幾つかのメリットが存在

治療器具

楽器の演奏もしやすい

歯

歯の矯正をしたいと思っている人は少なくありません。しかし、大人になってからだと矯正中の見た目が気になるからなかなか踏み切れないという人もいるでしょう。歯の表面につける矯正器具は笑ったり、食事したり、話すことで人に見られてしまいます。また、その器具は金属でできているので白い歯に付けていると目立ってしまうのです。もし、歯の矯正器具が目立つという理由で躊躇っているのなら裏側矯正をするといいでしょう。裏側矯正というのは歯の裏側、舌に当たる部分の装置を付けて行なう方法です。これなら、笑ったときに歯を見せても矯正器具が見えることはありません。誰にも気づかれずに矯正をすることができるのです。表につけるものと違って効果や時間がかかるのではと心配する人もいるようですが、そんなことはありません。裏側矯正の治療期間や効果は表側に器具をつけたときと変わらないのです。ただ、ワイヤーの調整や取り付けが表側とくらべて難しくなるので、少し値段が高くなってしまうでしょう。しかし、表側の矯正と比べると楽器の演奏がしやすかったり、スポーツで唇を切る心配が少なくなったりというメリットがあるのです。また、表側に装置を付けたときよりも虫歯のリスクを減らすことができます。なぜなら、歯の裏側のほうが唾液に触れやすいからです。唾液には虫歯を予防する効果があります。裏側矯正のほうが多くのメリットがあるといえるでしょう。
裏側矯正の器具に中には日本人の歯に合わせて作られたものもあります。それを使うことで、歯磨きもしやすくなるでしょう。また、小さいので発音に与える影響も少なくなります。話すことを職業としている人にも使うことができます。普段通りの輝く笑顔が保てるでしょう。

歯並びを改善する方法

院内

横浜の矯正歯科で行なわれているのが金属ブラケットによる矯正です。また、見た目が気になる場合は審美ブラケットやリンガルブラケットという方法で治療することができます。簡単な矯正ならマウスピース矯正で治すこともあります。

More Detail

初期の虫歯はフッ素で撃退

歯の治療

虫歯になると酷いときは歯を似かなくてはいけません。そうならないためにも定期的な検診が必要です。昭島の歯科では初期の虫歯は削らずにフッ素で治療します。進行が進むと削らなくてはいけないでしょう。

More Detail

個々に合わせたインプラント

治療器具

阿倍野の歯科では特殊な機械を使ってインプラントの治療を進めることができます。3D画像を使うことでより精密な情報を知ることができます。また、オクルーザーなら噛むときの力を調べられます。

More Detail